読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフラSE日記

OSS、仮想化、金融工学、ゲーム、ときどきラーメン

Nutanix CEその2

Nutanixが対応しているハイパーバイ

Nutanixは以下のハイパーバイザに対応しています。

 

本番環境だとやはり実績が多いESXが多いと思います。VMware強し。

CitrixのXenServerは現在対応していませんが、今後対応するかもみたいな記事をどこかで見ました(曖昧ですみません><)。

AWSだってXenベースなんだし、Citrixにはもうちょっと頑張ってほしいなと思います。

 

閑話休題

Nutanix CEはAcropolis Hypervisor(以下AHVと表記する)しか対応していません。

なので、コマンドもKVMが使えます(はず)。

 

Acropolis Hypervisor

KVMベースのNutanix独自のカスタマイズハイパーバイザ。AHVについては勉強不足が否めないので、Nutanixの公式ドキュメントを参照して勉強します。

 

AHVでの仮想マシンの作成手順

大雑把な流れは次の通り。

  1. 「Image configuration」からisoイメージをコンテナに配置
  2. 「Network Config」から仮想マシンに接続させるVLANタグを設定
  3. 「Create VM」から仮想マシンを作成
  4. 「Power On」で仮想マシンを起動

 

1については事前に設定しちゃったので、以降2から画像を使って説明します。

①Home画面を表示

 

f:id:chemicallogical:20160613230519j:plain

 Home画面です。間違っても「Nothing to Do?」をクリックしてはいけません。

 

②Network設定の追加

 事前にNetwork設定を済ませていればこの手順は不要です。今回は初めてなので、作成します。

 Network設定と言ってもESXみたいに仮想スイッチなどの複雑な設定ではなく、ただのVLANの設定です。

「Network Config」をクリックして、設定画面を開きます。

 

f:id:chemicallogical:20160613231135j:plain

VLANタグ名はvlan.41、VLAN IDは41です。

「ENABLE IP ADDRESS MANAGEMENT」をクリックするとネットワークアドレスとデフォルトゲートウェイIPアドレスが入力できるようになります。

今回はネットワークアドレス:192.168.41.0/24、デフォルトゲートウェイIPアドレス:192.168.41.2を入力します。ドメイン設定は使用しないため「CONFIGURE DOMAIN SETTINGS」はチェックしません。

VM作成

「+Create VM」からVMを作成します。

f:id:chemicallogical:20160613231412j:plain

VM名:test、vCPU:1、コア数/vCPU:1、メモリ:2GBというしょぼい仮想マシンを作ります。

その後、「Add Disk」をクリックします。(スクリーンショット忘れた^^)

そうすると、以下のウィンドウが表示されます。

今回はImage Configurationでコンテナに配置したisoファイルからブートしますので、

TYPE:DISK、OPERATION:CLONE FROM IMAGE SERVICEを選択します。

IMAGEにはImage Configurationで設定したイメージ名を選択します。今回は「test_image」。SIZEは適当。

ちなみにtest_imageはUbuntu 14.04です。

 

f:id:chemicallogical:20160613231759j:plain

 

f:id:chemicallogical:20160613231921j:plain

 起動用のディスクのために、もう一個ディスクを追加します。

その後「Save」をクリック。

④結果確認

 TableにVMが表示されるので、確認します。

f:id:chemicallogical:20160613232143j:plain

 Power Onして、コンソールにUbuntuのインストール画面が表示されています。これでVMの作成手順は終わります。

 

Ubuntuインストール

結論から言うと、Ubuntuのインストールに失敗しました。今のところ原因不明なので調査します。ブートローダをインストールできなかった旨のメッセージが表示されていたので、ストレージが壊れてるか、容量が足りないかかな…。

 

Future Work

  1. Ubuntuをインストール完了する
  2. acliコマンドを使ってVMを管理する

 

そんな感じです。