読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフラSE日記

OSS、仮想化、金融工学、ゲーム、ときどきラーメン

VMware Workstationの仮想アダプタのIPアドレスが勝手に変更されていた件

ある日突然、VMware WorkstationのNAT用のアダプタvmnet08のIPアドレスが勝手に変更されていました。構成ファイルも変更した記憶もないし、NATサービスを再起動した記憶もないです。(そもそも仮想アダプタの構成ファイルを変更していないからNATサービスを再起動したとしても変更されないはず)

 

構成ファイルvmnetdhcp.confとvmnetnat.confを確認すると、確かにvmnet08の設定が変更されていました。

もしかすると自分で気づかないうちに何か処理をして変更してしまっているのかもしれません。わざわざ家の環境でログ監視なんてする気になれなかったので、一個一個ログを追わないといけないからめんどくさいと思ってしまっている…

 

仮想マシンIPアドレスが変更されて、以下行ったこと。

①hostsの書き換え

 DNSサーバ構築すればいいんですけどね、よくしらないからhostsに

 頼っていました。

 これを期にDNSサーバ構築してみようかな、、

②Nutanix再構築

 僕の技術力不足であることは確実ですが、Nutanixの基盤とCVMのIPアドレスの変更

 方法がわからなかったので、最初から構築しなおしました。

 1~2時間位はかかりますね。

 

めんどくさいから、IPアドレスが変わった原因については放置かも。

DNSサーバは学習する価値ありですね。やっぱりBindですかね、、

 

 

ニセコイが終わって少し哀しいです。

そんな感じです。