読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフラSE日記

OSS、仮想化、金融工学、ゲーム、ときどきラーメン

Zabbixについて

家のサーバを監視するために最近Zabbixを導入してみました。

使い始めて1ヶ月位しか経ってませんが、良いと思う点と良くないと思う点について書いてみたいと思います。

 

■良いと思う点

1. オープンソースであるため、イニシャルコストが0

 僕はUbuntu 14.04の環境にインストールしたのですが、インストールもそれほど難しくなかったです。Zabbix Agentの導入は少し苦労しました。

2. テンプレート機能

 ホストが増えると楽になりますね。同じような設定をする場合だと、めんどくささ設定する時間がかなり減ります。

 

■良くないと思う点

1. 監視抑止をスケジュールで制御できない

 バックアップや、バッチ処理およびメンテンス等のためこの時間帯は監視を抑止したいという時があると思います。それがホストやトリガー単位でできないのはめんどくさいですね。正確に言うとトリガーだと、トリガー関数のtime()やdate()を使えばできるのですが、スケジュールと閾値の設定は別にしたいです。SiteScopeは監視抑止の制御をスケジュールでできるんですが。。

2. 「概要」画面でホスト名が固定表示でないため下にスクロールするとホスト名が見えなくなる

 これはただの表示の問題なので、監視に直接関係ないところです。概要画面を見ていて下にスクロールするとホスト名が流れちゃって、どのホストが障害が起きてるかわからなくなるんですよね。Zabbixって正直表示が見やすいとは思わないです…。

3. 正規表現チェッカーがない

 ログ監視するときに、ほぼ正規表現使うと思います。普通、ログ監視に限らず、監視設定を行うとテストを実施すると思います。監視したい文字列と自分が設定した正規表現がマッチするかテストしたいのに、テストツールがないから外部のツールを使うしかないですね。そもそもZabbixって設定に対するテストができないのでは、と思ってます。そもそもZabbixのログ監視ってなんか怪しいですよね、、

 

話のネタがない+幼女問題が解けてないためZabbixについて書いてみました。

ほとんどZabbixへの愚痴になってしまいましたが、オープンソースなのでもっともっとこれから向上していくでしょう。

(自分でコミッターになればいいじゃんて思うのですが、そんな実力もないので。不甲斐なさすぎる。。)

 

ログ監視について調べるため、Zabbixのソースコード読んでいます。

次は幼女問題かZabbixのソースコードリーディングについてかな。

nginxのソースコードリーディングも放置しているのでやりたいですね。

それとNutanixも。「Nutanix Hyper Converged Infrastructure入門」買いましたが早速積んじゃってます。

 

週1くらいで更新していきたいです。

そんな感じです。